アミノ酸サプリの副作用

女性

アミノ酸の過剰摂取

アミノ酸は人間にとって欠かせない栄養素の1つです。しかし、過剰に摂取してしまうと副作用の症状があらわれることもあります。例えば、メチオニンというアミノ酸を過剰摂取した場合には、肝疾患の悪化や血中の葉酸濃度の低下、そして白血球数の増加及び日本の中のカルシウム排泄が促進されてしまったり、高メチオニン血症や動脈硬化および低血圧やめまい、そして嘔吐などの症例が報告されています。それ以外にもフェニルアラニンというアミノ酸を味を摂取した場合には、妊娠中の女性は胎児が先天性の欠陥を持つ原因となる可能性があるといわれています。

薬との相性について

フェニルケトン尿症の方はフェニルケトン尿症の悪化などの奨励があり、抗うつ剤などを摂取されている人にはその治療効果がなくなってしまうというような症例も報告されています。このアミノ酸には30種類以上の種類があり、それぞれが別々の採用を持っているというのが特徴です。このように様々な作用があることからお互いの作用を打ち消し合ってしまったりするため、むやみにアミノ酸を大量に摂取するということは理想的では無いのです。

副作用の症状に陥らない為のポイント

しっかりとアミノ酸を摂取した効果を実感したいのであれば、やはり自らの目的にあったアミノ酸を摂取する必要があります。例えば痩身が目的であれば、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)といったようなアミノ酸を摂取するといったようなことですがアミノ酸サプリを作っているメーカーは非常に多いため、消費者である私たちがそこまで副作用のことを心配する必要はあまりないと思われます。副作用の心配がないのであればアミノ酸を大量に摂取しても大丈夫というわけではありません。アミノ酸を大量摂取してしまうと、稀なことですが前述のような副作用や利用を不安定や不安神経症といった症状を引き起こす可能性があるといわれています。また胃腸が弱い人は下痢を起こしてしまう可能性があります。そのため、アミノ酸に副作用の心配はほとんどないとは言っても、やはり一日当たりの目安摂取量しっかりと守ることが大切になります。

過剰摂取を避けたいなら「サプリ」

アミノ酸の過剰摂取を避けたいなら、サプリでの摂取がおすすめです。サプリなら、一日の必要量が明確に配分されているので「過剰」にはなりません。また、様々な種類のサプリがあり、誰にどの程度のアミノ酸が必要なのか一目瞭然です。ダイエットしたい方、筋力アップしたい方、栄養を補いたい方、それぞれに必要なアミノ酸サプリが販売されています。

Copyright© 2019 不足させたくないアミノ酸の効果とサプリの効果的摂取方法 All Rights Reserved.